Google、情報提供プラットフォーマーの憂鬱

(A pedestrian walks past Google in New York City in July. John Smith/VIEWpress via Getty Images )

(元記事: https://www.vox.com/policy-and-politics/2022/10/6/23389028/supreme-court-section-230-google-gonzalez-youtube-twitter-facebook-harry-styles

米国でかなり注目されている最高裁の判決が出ます。背景は、Their theory is that ISIS posted “hundreds of radicalizing videos inciting violence and recruiting potential supporters” to YouTube, which is owned by Google.というものです。

今後は、インターネット企業が、どういうタイプの情報を世間に流すか、または垂れ流すことを許しているか、によって、責任を世間から突きつけられる時代になります。

プラットフォーマーだからとふんぞり返って、うかうかしてはいられませんね。

【この記事のような、日本では通常アクセスしない世界の情報に、約100媒体から毎日300記事の中で厳選された5記事(日&英)が解説コメントと共に送られる一方で、月1のオンライン会合にも参加!なサロン(2種類)へのご参加はこちらからどうぞ!

Translate »