タランティーノから毒親への警告

おいおい、いつまで引きずってるねん、タランティーノ?むしろその怨嗟の念がいまのあなたに害を為すことを知ったら許す方向に行くと思うけど…というのが正直な感想ですが。それはそれとして、【「子どもに対して何か言えば、その言葉は結果を伴う。子どもにとって大切なことを皮肉っぽく話せばその報いが返ってくる。それを忘れるな」】という彼の言葉には深く首肯しますね。子供の価値観を尊重できなくなった時点で、その関係は奴隷商人と奴隷のそれです。ポジティブなものは発生しません。

われわれ親は得てして「あんたはまだ子供だから分からんだろうが、私は親なので『世間』や『社会』を知ってるんだから従いなさい!」と思ってしまいがちですが、これこそがまさに、「昭和96年」な心的態度と行動様式であり、令和にはまったく通じない非戦略的な家庭教育なんでしょうね。

https://www.elle.com/jp/culture/celebgossip/a37262093/quentin-trantino-mother-one-penny-210810/